シミの種類は様々!原因とメカニズムを解析しました

更新日:

一言にシミと言っても原因や種類も様々です。

ここでは、

  • シミができる原因とメカニズム
  • シミの種類
  • シミを消すための対処法

について詳しく紹介していきます。

シミができる原因は?

シミの主な原因は紫外線

では「シミ」ができてしまう原因は何でしょうか。

それはメラニンが過剰に作られる、また本来ターンオーバーではがれ落ちてしまうはずのメラニンがそのまま肌に残ってしまうことによります。

シミは主に紫外線によるものです。

年齢を重ねていき、紫外線を浴び続けてしまうと、肌がダメージを受けてしまう「光老化」という現象が起きます。

皮膚細胞の再生能力が低下してしまい、作られたメラニンを外に押し出していく力自体が弱くなってしまうのです。

ほかにも気をつけたいのはストレスやたばこで、これらは老化を促す原因である活性酵素を増やしてしまいます。

活性酵素はメラノサイトを刺激、メラニンの過剰産生を起こしてしまうのです。

さらに血行が悪くなることによってもメラニンの排出が遅れてしまいます。

シミができてしまうメカニズムとは

シミができる原因とメカニズム

紫外線を浴びるとチロシナーゼという活性酵素が発生して基底層にある「メラノサイト(色素細胞)」内でメラニンという色素が生成されます。

それが同じく基底層にある細胞に受け渡されることで紫外線から細胞核を守っているのです。

このような基底層にある細胞は分裂して皮膚表面に押し上げられ、本来は表面からはがれていきますが、正常に行われなかった場合シミが発生します。

肌のターンオーバー

この基底層で作られる細胞が表面に押され出て、垢(アカ)としてはがれ落ちるまでのサイクルをターンオーバー(角化)といいます。

ターンオーバーとは「肌の新陳代謝」のこと、つまり肌が新しく生まれ変わることです。紫外線を浴びることで基底層で作られたメラニンは通常は約28日サイクルで役割を終え、古い細胞とともにはがれ落ちていきます。

しかしこの「28日周期」は実は20代の肌の場合で、ターンオーバーの周期は年齢とともに長くなっていく傾向があります。

実際に30代では40日、50代になると75日かかるといわれています。

年齢を重ねるにつれ、シミが濃くなってしまったり、虫刺されや傷が消えないのはこのためです。

どんな種類のシミがあるの?

女性のシミには、次の5つの種類があります。

  1. 老人性色素斑
  2. 肝斑
  3. 雀卵斑(そばかす)
  4. 炎症後色素沈着

この中で圧倒的に多く見られるのが、老人性色素斑と肝斑です。

老人性色素斑

老人性色素斑
日焼けが積み重なり出来た一般的なシミは、過剰なメラニン色素を含んだ細胞が肌の表面に溜まって残ったものです。

はじめはうっすらとぼやけた茶色ですが、どんどん色が濃くなり輪郭のハッキリしたシミになります。

出来たての新しいシミであれば、まだ薄く美白化粧品を使うことで改善できる可能性があります。

何年も経った濃いシミや大きなシミは、レーザーで治療します。

新しいシミが出来てしまった事に気づいたら、すぐに対処しましょう

肝斑

肝斑
頬の高いところに左右対称にできるのが特徴です。

原因が特定できていませんが、30~40代の女性とかなり限定的な範囲の人に出来ることから、女性ホルモンとの関わりがあるのではないかと考えられています。

そのために、妊娠や更年期などのホルモンバランスが乱れやすい、または変動しやすい環境で起こりやすいです。

美白化粧品が効果的で、トラネキサム酸を摂ることでも治療できます。

肝斑は、内服治療が一般的で、レーザー治療で治すことはできません。

そばかす

そばかす
遺伝的な要因が大きいですが、後天性のものもあり、色の白い人に良く見られ、鼻から外側に向かって広がります。

遺伝的なもので子供のころに目立つ場合、成長とともに改善がみられることがあります。

後天性なものは、紫外線の影響で濃くなることがあります。

遺伝的なもので成長とともに改善された場合以外は、レーザーでの治療になります。

しかし、レーザー治療をしても再発するものもありますので、皮膚科で相談しましょう。

炎症後色素沈着

炎症後色素沈着
皮膚が何らかの刺激で炎症を起こし、メラニンが過剰に作られるとシミになります。

老人性色素斑との違いは、色ムラがあったり輪郭がハッキリとしていないことです。

主に、ニキビ跡や虫刺され跡、擦り傷の跡などが原因です。

特に、頬や顎のニキビや吹き出物はシミになりやすいですので、跡を残さないように慎重にケアしましょう。

シミを消すには?

すでに肌にできてしまったシミを消すにはどうしたらいいのでしょうか。

やはり適度なターンオーバーが行われるような肌環境を作り、新しい細胞へ常にスムーズに移行するようにしてあげることが大切です。

ポイントは大きく2つです。

  1. 古い角質を貯めない。
  2. ターンオーバー(新陳代謝)を促す。

ただ古い角質がはがれてシミがなくなったとしても、紫外線を浴び続けメラニンを作り続けてしまえば同じことの繰り返しです。

紫外線を過剰に浴び、メラニンが大量に作られ続けると、メラニンを作っているメラノサイトという細胞自体が増えていくという現象も起こります。

日ごろの紫外線対策やスキンケアがとても重要!

まとめ

シミができる原因は様々あり、改善するポイントも異なります。

自分の肌にできているシミがどのようにできているのか理解して対処していくことが大事です。

ただ素人ではなかなかわからないことも多いので、気になる方は皮膚科や美容外科の専門医に相談することもおすすめです。

Copyright© シミ消しクリームランキング , 2019 All Rights Reserved.